NCTインターネット支援サービス利用規約

2011年12月10日

お客様各位

株式会社日本サイバーテック

 

本規約は、株式会社日本サイバーテック(以下、弊社)の提供するプレゼンス業務及び、インターネット関連の付随的技術の利用、コンサルティング及びその他のサービス(以下、サービス)をご利用いただく全てのお客様(以下、利用契約者)が以下に記載される利用規約にご同意のうえ、ご利用ください。

第1条(利用規約の変更)

弊社は、事前通告をすることにより、単独の裁量的判断に基づき、業務上の手続、あるいはサービス手数料、延滞金及び料金の一切を修正あるいは改訂することができます。また、「サービス」その他一切の要素の全部または一部につき中止、改訂することができるものとします。

第2条(利用契約者の義務)

利用契約者は、弊社に対し、初期設定費、月額基本料及び、その他適宜当社から通知される全ての料金及び手数料を支払うものとします。利用契約者は、利用契約者自身の「サービス」の利用に関連して課税される一切の税金を負担するものとします。利用契約者は、利用契約者のアカウントまたはパスワードの利用を通じてアクセス可能になった「サービス」の利用につき、責任を負担して債務を負うものとします。また、最短契約期間は原則として1年とします。ただし、FMSホスティングサービスの最短利用期間は2週間、スマートVPS(仮想専用サーバ)冗長化サービスの最短利用期間は1ヶ月とします。

第3条(利用権譲渡の禁止)

別途格別な合意がある場合を除き、利用契約者は「サービス」の利用に関する権利を第三者に譲渡できないものとします。

第4条(利用契約者の設備)

  1. 利用契約者は「サービス」にアクセスするために必要な電話設備及びその他の設備につき責任を負担し、それら一切を自己負担するものとします。
  2. 弊社は、事前の通告なしに利用契約者の設備等を任意の時点で接続を断ち、あるいは使用を中止させる権利を保有するものとします。但し、上記の当社の権利行使は、それらの設備等が当社の他の業務を妨害していると認められる場合に限り実施されます。
  3. 利用契約者は、アクセス用の設備、「サービス」へのアクセス手法及び「サービス」の利用方法について、弊社の定める条件を遵守するものとします。

第5条(限定保証)

「サービス」に関しては、明示、黙示を問わず弊社による保証は一切与えられることがなく、提供される時点で有する状態でのみ提供されることとします。但し、日本の法律による適用がある保証で、その適用の排除ないし制限が認められないものについてはその限りではありません。「サービス」に品質及び成果に関する一切のリスクは利用契約者が負担するものとします。「サービス」の利用(あるいは利用不能)に基づいて発生する特別損害、付随的損害、あるいは派生的損害については、一例としてデータの喪失あるいは利益の喪失から生じる損害が挙げられますが、いかなる場合においても、誰に対しても、弊社あるいはその従業員が責任を負担することはありません。

第6条(法令の尊守)

利用契約者は、「サービス」の利用に関し適用される全ての法規(日本法に限らず、関係する外国の法規も含みます)を尊守しなければなりません。利用契約者は、インターネット関連の資源の適切な利用に関する一般に公正と認められる規則を尊守し、公序良俗に反する行為はしないものとします。

第7条(料金の支払)

  1. サービスの開始は、弊社への規定利用料金の入金確認がされた時点より行います。一旦納入された料金の払い戻しは、原則として行いません。
  2. 弊社は、利用契約者に対し電子メールにて各サービス別に定めた見積額と請求額を送信し、利用契約者は弊社指定の銀行口座に各サービス別に定めた利用金額を振り込みます。振込手数料は利用契約者が負担するものとします。
  3. 利用契約者が、途中で利用契約を解除した場合であっても最短契約期間の利用料がかかります。
  4. 毎月の利用費またはメンテナンス及びサポート費のお支払いについては、利用月またはメンテナンス月の前月のお支払いとなります。

第8条(契約更新)

会員が、退会手続きを行わず契約満了日を過ぎた場合は弊社の定める最低契約期間にて自動的に契約が更新されるものとします。

第9条(利用契約の解除)

利用契約者は、弊社に対して3ヶ月前までに届け出をしていただくことにより、利用契約を解除することができるものとします。サービスにより異なる場合がございます。

第10条(利用の停止、終了)

利用契約者が、請求に対する支払いの遅延の場合を含めて、本規約の何れかの条項に違反した場合、弊社は単独の裁量的な判断により、利用契約者の全ての「サービス」に対するアクセス及び利用をかかる違反状態が解消するまで一時停止させるか、あるいは利用契約及び利用契約者の「サービス」のアクセス及び利用を解除して終了させることができるものとします。解除された利用契約者が利用契約の地位を回復するためには、未払いの債務の残高を完全に支払うことに加え、新たに初期登録料の支払いが必要になることとします。

第11条(解除の効果)

  1. 弊社が本規第9条に従ってサービスを解除または停止させた場合、利用契約者は、蓄積された全てのデータに対するアクセスの権利を失い、弊社はその当該利用契約者に対していかなる形態であれそれらデータあるいはそのコピーを利用させる義務を負いません。いかなる理由にせよ利用契約が解除された場合、弊社の設備内に蓄積された利用契約者のデータは、事前通告なしに完全に消去されるものとします。
  2. 利用契約者の責任及び利用契約者に対する制限の全てに関する各条項は利用契約の終了後も継続して完全な効力を維持するものとします。

第12条(合意管轄)

弊社と利用契約者との間で訴訟が生じた場合、当社所在地を管轄する裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。